学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 倍数算 > 基本問題2 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 Aは210円増え、Bは150円減ったので、2人の金額の差は、
 210円+150円=360円
 これが2人の金額の割合(A:B=3:1)の差、すなわち、3-1=2に相当するので、1に相当する金額は、
 360円÷2=180円
 つまり、この金額は現在、Bが持っている金額。
 よって求める金額は、
 180円+150円=330円
(答) 330円
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 
 
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.