学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 図形の移動 > 発展問題5 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 ・1回目
 出発時にQがPの後方30cmから追いかけると考えると、
 30÷(9-1)=3.75秒後
 ・2回目
 QがCに着くのは、90÷9=10秒後
 10秒後にPはAから1×10=10cmにあるから、PQが50cm離れた場所から向かい合って進むと考えると、
 50÷(9+1)=5秒後
 10+5=15秒後
 ・3回目
 QがBに戻るのは、180÷9=20秒後
 20秒後にPはAから20cmにあるから、QがPの後方50cmから追いかけると考えると、
 50÷(9-1)=6.25秒後
 20+6.25=26.25秒後
 ・Qが2度目にCに着く270÷9=30秒後、PはDに着くので、4回目はない。
(答え) 3.75秒後,15秒後,26.25秒後
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.