学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 図形の移動 > 練習問題8 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
  赤の部分と青の部分は、半円から緑の部分を除いたものだから面積が等しい。
  よって、求める面積は、半円の直径を半径とする中心角45°のおうぎ形の面積と等しい。
  半円の半径を1とすると、半円の面積は、
 
1×1××3.14× 180 = 1.57
360
  半円の直径を半径とする中心角45°のおうぎ形の面積は、
 
2×2××3.14× 45 = 1.57
360
  これら2つの図形の面積は等しいので、求める面積は、100cm2
(答え) 100cm2
(参考)
 
 
半径が2倍で中心角が 1 倍のおうぎ形の面積は等しい。
4
  すなわち、
 
半径がn倍で中心角が 1 倍のおうぎ形の面積は等しい。
n×n
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.