学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 場合の数と確率 > 練習問題15 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 それぞれの硬貨は0枚から持っている枚数まで使うことができるので、硬貨を使う方法は以下のようになる
 500円玉 → 1枚 → 2通り
 100円玉 → 3枚 → 4通り
 50円玉 → 1枚 → 2通り
 10円玉 → 4枚 → 5通り
 5円玉 → 1枚 → 2通り
 1円玉 → 2枚 → 3通り
 これらを使う方法は全部で
 2×4×2×5×2×3=480 (通り)
 ただし、全ての硬貨を使わない場合、すなわち、0円は硬貨を使って作る金額とはいえないので、除く。
 よって、求める答えは、
 480-1=479 (通り) 
(答え) 479通り
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.