学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 虫食い算 > 練習問題7 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 
 2つの数のたし算でくり上がりがある場合、その数は必ず10(1)だから、4行目の10の位と5行目、すなわち、答えの100の位および1000の位は、以下のように特定できる。
 
 □□×8の答えが2桁で、10の位が9になるのは、□□が12の場合のみ。 (11×8=88,13×8=104)
 
 答えの10の位は0だから、3行目の10の位をAとすると、A+6=10で、A=4
 
 乗数、すなわち、2行目の1の位をBとすると、12×Bの10の位が4となるBは4のみ (12×3=36,12×5=60)
 これにより、問題は12×84であり、残りの□は、通常のかけ算によって求めることができる。
 
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.