学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 立体図形の体積と表面積 > 練習問題17 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 水そうに入っている水の量は一定で、角柱を水そうに入れることによって水槽の底面積が角柱の底面積の分だけ減少するため、水面が上昇する。
 角柱を入れたときの水の深さは、
 507cm2×11cm÷(507cm2-169cm2)=16.5cm
 元の水の深さは11cmだから、角柱を入れたときに上がるのは、
 16.5cm-11cm=5.5cm
(答え) 5.5cm
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.