学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 立体図形の体積と表面積 > 練習問題20 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 

FI,GC,HJを延長して、その交点をKとすると、立体KFGHおよび立体KICJは三角すい。

  これにより、立体ICJ-FGHの体積は、三角錐KFGHから三角錐KICJをひいたものとなる。
  立方体の一辺を1とすると、立体ICJ-FGHの体積は、
 
{(1×1÷2)×2÷3}-{ 1 × 1 ÷2×1÷3}= 7
2 2 24
  よって、求める割合は、
 
1×1×1- 7 = 17
24 24
 
(答え)  17
24
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.