学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 通過算 > 基本問題5 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 列車と人がすれ違うために進まなければならない距離は、列車の長さ200m。
 人が歩く速さが分速60mということは、秒速にすると、
 60m/s÷60秒=1m/s
 列車と人がすれ違うということは、単位時間に進む速さは列車と人の速さの和で、
 19m/s+1m/s=20m/s 
 よって、列車と人がすれ違うのに必要な時間は、列車の長さを列車と人の速さの和で割って求めると、
 200m÷20m/s=10秒
(答) 10秒
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.