大学受験・日本史テスト
学ぶ・教える.COM
学ぶ・教える.COM 〜 大学受験・日本史テスト Q1

0問中0問正解 (正解率0.0%) 0分00秒経過


第1問

  1. 初期荘園の田地は不輸祖田であり、律令制の枠組みを離れた土地の経営形態であったため、急速に全国に拡大した。
  2. 723(養老7)年に施行された三世一身法は、新しく灌漑施設を作って耕地を開墾した者には三世の間、その土地の所有を認めた。
  3. 743(天平15)年に発布された墾田永年私財法は、定められた面積に限り、開墾した土地を永久に私有することを認めた。
  4. 722(養老6)年、人口の増加にともなう口分田の不足に対応するため、長屋王主導のもと、百万町歩の開墾計画がたてられた。

Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.