学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 分数 > 発展問題1 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 
求める分数を B とすると、
A
 
14 3 × B = 101×B
7 A 7×A
 
18 4 × B = 202×B
11 A 11×A
 
23 4 × B = 303×B
13 A 13×A
  これらがいずれも整数となるということは、求める分数のうちで最小の分数の分母Aは101,202,303の最大公約数の101、分子Bは7,11,13の最小公倍数の1001。
  以上から、求める分数のうち最小の分数は、
 
1001
101
  よって、問題の条件に適する分数を小さいほうから順に100個たすと、
 
1001 ×(1+2+3+ … +100)
101
=
1001 ×(1+100)×100÷2
101
= 1001×50=50050
(答え) 50050
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.