学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 過不足算 > 基本問題1 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 5個ずつ配ると4個余り、7個ずつ配ると6個不足するから、配る個数を7個-5個=2個増やすことによって、全体で4個+6個=10個の違いが出る。
 10個÷2個=5人
 5人×5個+4個=29個
(答) 5人 29個
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 
 
【注意】
 
 この問題は、余り(過)と不足が生じる場合であり、過不足算の基本中の基本です。
 ただし、最初はちょうどで次に余るといった他の基本パターンよりは少し難しいので、解答を読んでも分からなかった人は、この問題を基本問題の最後にしましょう。
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.