学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 過不足算 > 基本問題5 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 1人当たりの寿司の数の差は、
 11貫-8貫=3貫
 全体で不足する寿司の数の差は、
 58貫-10貫=48貫
 1人当たり3貫の差によって全体で48貫の差になるので、出席者の人数は、
 48貫÷3貫=16人 
 よって、用意した寿司の数は、
 16人×8貫-10貫=118貫
(答) 16人 118貫
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.