学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 計算 > 基本問題7 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
  基本問題7の3問を普通に計算すれば、ひき算がない分だけ(1)が一番簡単ですが、計算の工夫をすれば(2)や(3)のほうが簡単になります。
(1) 97を100に置きかえて7をかけた後で、差(97の100に対する補数)の3と7の積を引きます。
 

97×7

= 100×7-3×7
= 700-21
= 679
  (答え) 679
(2) 700を100×7と考えます。
  700-97×7
= 100×7-97×7
= (100-97)×7
= 21
  (答え) 21
   
(3) 900-97×7
  (2)を利用して解きます。
  900-97×7
= 200+700-97×7
= 200+21
= 221
  (答え) 221
 
(解説)
 
 (1)は、解答のような計算の工夫をしても、700-21というひき算があるため、少し難しいと思います。
 (2)は、700を100×7に分解することさえ思いつけば、あとは、100-97という簡単なひき算と3×7という簡単なかけ算をすればよいだけなので、楽に解けることでしょう。
 (3)は、(2)の答えに200をたせばよいだけなので、これも全て簡単な暗算でできる問題です。
 
 難しそうな問題のほうが、工夫しだいで簡単そうな問題よりも簡単になるというのが、計算の面白さです。
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.