学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 計算 > 基本問題8 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 小数を分数に置きかえて計算します。
 
(1) 248×0.5
=
248× 1
2
= 124
(2) 1545×0.2
=
1545× 1
5
= 309
(3) 625×0.04
=
625× 1
25
= 25
(4) 444×0.25
=
444× 1
4
= 111
(5) 808×0.125
=
808× 1
8
= 101
(6) 375×0.008
=
375× 1
125
= 3
 
(解説)
 
  小数のかけ算は、小数を分数に置きかえると、簡単に計算できることがあります。
 
0.5= 1 ,0.25= 1 ,0125= 1 などを基本とする“ 1 系統”と、
2 4 8 2
 
0.2= 1 ,0.04= 1 ,0.008= 1 などを基本とする“ 1 系統”があるので、
5 25 125 5
 
これらの数やその派生形、たとえば、0.75= 3 や0.8= 4 などが現れたときに利用しましょう。
4 5
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.