学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 倍数と約数 > 発展問題1 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 6の倍数は、2の倍数、かつ、3の倍数。
 2の倍数、つまり偶数となる数の1の位は、0、2、4
 3の倍数は、各桁の数をたした数が3の倍数。
 これらの条件をふまえて、6の倍数を場合分けして調べる。
 [1] 1の位が0の場合
 0+1+2=3、0+2+4=6が条件に適する。
 (ア) 10の位と100の位が、1、2の場合
 120、210
 (イ) 10の位と100の位が、2、4の場合
 240、420
 [2] 1の位が2の場合
 2+0+1=3、2+0+4=6、2+1+3=6、2+3+4=9が条件に適する。
 (ウ) 10の位と100の位が、0、1の場合
 102
 (エ) 10の位と100の位が、0、4の場合
 402
 (オ) 10の位と100の位が、1、3の場合
 132、312
 (カ) 10の位と100の位が、3、4の場合
 342、432
 [3] 1の位が4の場合
 4+0+2=6、4+2+3=9
 (キ) 10の位と100の位が、0、2の場合
 204
 (ク) 10の位と100の位が、2、3の場合
 234、324
 (ア)〜(ク)より、
 102、120、132、204、210、234、240、312、324、342、402、420、432
(答え) 102,120,132,204,210,234,240,312,324,342,402,420,432
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.