学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 平面図形の面積 > 発展問題1 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 正方形の周の長さの差が16cmだから、1辺の長さの差は、
 16cm÷4=4cm
 図のように正方形を重ねて補助線を引くと、補助線を1辺とする正方形の面積は、
 4cm×4cm=16cu
 図のように点ABCDをとると、長方形ABCDの面積は、 
 (80cu-16cu)÷2=32cu
 辺CDの長さは、
 32cu÷4cm=8cm
 よって、大きい正方形の1辺の長さは、
 8cm+4cm=12cm
(答え) 12cm
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.