学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 平面図形の面積 > 発展問題2 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 AF:FC=2:1で三角形GAFの面積が20cuだから、三角形GACの面積は、
 20cu÷2×3=30cu
 三角形GACと三角形GBCは底辺が等しく、高さの比は2:3なので、三角形GBCの面積は、
 30cu÷2×3=45cu
 三角形GBCと三角形GABは底辺が等しく、高さの比は2:1なので、三角形GABの面積は、
 45cu÷1×2=90cu
 三角形GBDと三角形GADは高さが等しく、底辺の比は3:2なので、三角形GBDの面積は、
 90cu÷(3+2)×3=54cu
(答え) 54cu
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.