学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 平面図形の面積 > 練習問題4 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
  平行四辺形ABEDの面積は、BE×9.7cm
  三角形DECの面積は、EC×9.7cm÷2
 

これらにより、BE×9.7cm=EC×9.7cm÷2

  BE=EC÷2だから、
  BE:EC=1:2
  BE+EC=18.9cmだから、BEの長さは、
 
18.9cm× 1 =6.3cm
1+2
 

平行四辺形の底辺は等しいので、AD=BE

  よって、AD=6.3cm
(答え) 6.3cm
 
(注意)
 
  面積や辺の長さを求める問題の中には、必要のない数(練習問題4では高さ9.7cm)がふくまれていることがあります。
  こうした数にまどわされて余計な計算をしないように注意してください。
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.