学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 平面図形の面積 > 練習問題10 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 三角形ABCの面積を1とする。
 図のように補助線を引くと、
 三角形ABCと三角形ACFは、BC=CFで底辺が等しく、高さも等しいので、面積は等しい。
 三角形ACFと三角形DAFは、AC=DAで底辺が等しく、高さも等しいので、面積は等しい。
 同様に考えると、三角形DEFの面積は、1×7=7
 よって、三角形ABCと三角形DEFの面積の比は、1:7
(答え) 1:7
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.