学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 平面図形の面積 > 練習問題11 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
  三角形ABEの面積は、
  10cm×(3cm+6cm)÷2=45cu
  三角形DBCの面積は、
  (10cm+5cm)×6cm÷2=45cu
  ゆえに、三角形ABEと三角形DBCの面積は等しい。
  これにより、それぞれの三角形から共通部分である四角形DBEFを引いた三角形ADFと三角形CEFの面積は等しい。
  これらの面積を1とし、補助線BFを引くと、
  三角形DBFと三角形EBFの面積は、2
  四角形DBEF=三角形DBF+三角形EBF=2+2=4
  三角形ABE=三角形ADF+四角形DBEF=1+4=5
  よって、求める面積は、
 
45cu× 4 =36cu
5
(答え) 36cu
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.