学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 虫食い算 > 発展問題2 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 
 5行目の下1桁が7で余りが1桁の数なので、
 
 4行目の下2桁は00なので、商の小数第一位は0
 
 5行目の下2桁は97なので、5行目は197から997までの下2桁が97の数
 これらの数について、1桁×2桁で表せるかどうか素因数分解して調べると、
 そのうち、197、397、797は素数なので1桁×2桁で表せないため不適。
 597(3×199)、697(17×41)で1桁×2桁で表せないため不適。
 9×99=891なので、897と997は1桁×2桁で表せないため不適。
 297(3×3×3×11)と497(7×71)を式に当てはめて調べる。
 ・5行目が297の場合
 297を1桁×2桁で表すと、3×99,9×33
 5行目が297ということは、4行目は300であり、3行目の一の位は6
 3×99のとき、除数は99であり、商の一の位は1、3行目は99となり不適。
 9×33のとき、除数は33であり、商の一の位を2とすると、2×33=66となり、3行目の一の位が6であるという条件に適合する。
 
 ・5行目が497の場合
 497を1桁×2桁で表すと、7×71
 5行目が497ということは、4行目は500
 このとき、3行目の一の位は4
 除数が71であることから、条件に適する商の一の位は存在せず不適。
 よって、問題は、69÷33=2.09余り0.03
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.