学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 仕事算 > 練習問題4 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 注水管Aは20分、注水管Bは30分で水そうを満水にし、排水管Cは15分で満水の水を排水するので、15、20、30の最小公倍数を求めると、
 5) 15 20 30
 3)  3  4  6   
 2)  1  4  2 
    1  2  1 
 5×3×2×1×2×1=60
 満水になった水そうの水量を60とすると、
 注水管Aが1分間に注水する水量は、60÷20=3
 注水管Bが1分間に注水する水量は、60÷30=2
 排水管Cが1分間に排水する水量は、60÷15=4
 これらにより、注水管A、Bと排水管Cを同時に使用したときに増える水量は、3+2-4=1
 よって、空の水そうが満水になるまでの時間は、
 60÷1=60分
(答え) 60分
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.