学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 消去算 > 発展問題2 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 Aの面積をA、Bの面積をBとすると、
 1辺の長さが2倍の正方形の面積は、2×2=4で4倍、1辺の長さが3倍の正方形の面積は、3×3=9で9倍となるから、問題を式にすると、
 4A+9B=82u … @
 9A+4B=87u … A
 @×9
 36A+81B=738u … B
 A×4
 36A+16B=348u … C
 B-C
 65B=390u
 B=6u … Bの面積
 @に代入すると、
 4A+9×6u=82u
 4A=28u
 A=7u … Aの面積
 
(答) A 7u B 6u
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.