源氏物語 : 桐壺(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 桐壺
 
■ 源氏物語 - 紫式部
1.桐壺
あらすじ  帝のご寵愛を受けた桐壺の更衣は、世にも美しい皇子を出産した。しかし、周囲の嫉妬や度重なるいじめに苦悩した桐壺は、失意のうちに亡くなった。帝は、桐壺の死を嘆かれ、皇子の行く末を心配された。一方、朝廷内には、帝が、この皇子を皇太子になさるのではないかと疑う第一皇子の母、弘徽殿の女御をはじめとする敵意が充満していた。帝は、皇子を守るために臣籍降下させ、源の姓を与えられた。この皇子こそ、光源氏、その人である。
□ 源氏物語(桐壺)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『いづれの御時にか…』 (原文・現代語訳) : 桐壺登場
『父の大納言は…』 (原文・現代語訳) : 光源氏誕生
『初めより…』 (原文・現代語訳
『かしこき御かげを…』 (原文・現代語訳
『この皇子の三つになりたまふ年…』 (原文・現代語訳) : 光源氏三才
『限りあれば…』 (原文・現代語訳
 
Copyright (C) 2013 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.