源氏物語 : 空蝉(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 空蝉
 
■ 源氏物語 - 紫式部
3.空蝉
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  たった一夜を共にしただけの女を忘れられない光源氏は、度重なる拒絶にもかかわらず、女と出会った紀伊守の邸宅へ出向いた。そこで碁を打つ女を垣間見た源氏は、改めて女の魅力に取り付かれる。一方、源氏の訪問を察知した女は、薄衣を一枚脱いで密かに部屋を抜け出した。そうとは知らぬ源氏は、女の部屋に忍び込み、寝ていた娘を人違いであると気付いた後も何食わぬ顔で抱く。源氏は、部屋に残された薄衣を持ち去り、女を空蝉に喩えた歌を贈った。
□ 源氏物語(空蝉)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『寝られたまはぬままには…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.