源氏物語 : 夕顔(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 夕顔
 
■ 源氏物語 - 紫式部
4.夕顔
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  光源氏が乳母の見舞いに訪れたところ、夕顔の咲く隣家に住む女から歌を贈られた。この女、夕顔に関心を持った源氏は、お互いの正体を明かさぬまま、深い関係に陥る。ある夜、夕顔を呪う美女の霊にうなされて源氏が目を覚ますと、夕顔は、恐怖に襲われ、絶命した。遺体を東山の寺に葬らせた源氏は、夕顔の正体を探り、頭の中将の側室であった常夏の女だと知る。その頃、空蝉は伊予の介に従い、京を去ってしまう。
□ 源氏物語(夕顔)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『六条わたりの御忍び歩きのころ…』 (原文・現代語訳
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.