源氏物語 : 紅葉賀(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 紅葉賀
 
■ 源氏物語 - 紫式部
7.紅葉賀
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  朱雀院の行幸の準備として、宮中で試楽が催された。そこで光源氏が演じた青海波の舞は、見る者を魅了し、この世の物とは思えない。翌年、藤壺は出産し、桐壺帝は、最愛の息子である源氏に似て美しい若宮の誕生を喜ぶ。しかし、それもそのはず、藤壺が産んだ若宮は、源氏との間に生まれた不義密通の子なのであった。その危険極まりない状況の中、源氏は、好色な老婆、源典侍に興味本位で近寄るが、本気にされて、始末に窮する。源氏が典侍と床を共にした夜、頭の中将が源氏を少し脅そう企てて現れ、大立ち回りを演じ、典侍を驚愕させる。そうした日常の戯れとは対照的に、藤壺は中宮に冊立され、事態は抜き差しならない状況になっていった。
□ 源氏物語(紅葉賀)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『朱雀院の行幸は…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.