源氏物語 : 花宴(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 花宴
 
■ 源氏物語 - 紫式部
8.花宴
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  二月、桜の宴が催された夜、朧月に誘われて弘徽殿の細殿に立ち寄った光源氏は、声の美しい娘と出会い、一夜を過ごした。明け方、女房たちが起き出す音を聞いた源氏は、急いでその場を立ち去った。娘の正体を知りたいと思う源氏であったが、弘徽殿の女御の何番目の妹かは分からない。一月後、女御の実家である右大臣邸で藤の宴が行われた。夜更けに酩酊を装って宴席を抜け出した源氏は、寝殿に忍び込み、女御の妹たちに話しかけるが、目指す娘はいない。その時、若い女のため息がする方に近寄って、几帳越しに手を握り、声をかけた。返事をする美しい声。探し当てた娘こそ、東宮と婚約中の六の君、朧月夜であった。
□ 源氏物語(花宴)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『二月の二十日あまり…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.