源氏物語 : 賢木(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 賢木
 
■ 源氏物語 - 紫式部
10.賢木
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  病に倒れた桐壺院は崩御し、藤壺は上皇御所を離れて、三条の宮へと移り住んだ。言葉巧みに藤壺を口説く源氏であったが、息子の皇太子が源氏の実子であるという秘密を守るために藤壺は関係を拒絶し、出家した。傷心の源氏は、尚侍となった朧月夜と密会を重ねるが、朧月夜の父、右大臣に見破られる。憤りを隠せない右大臣は、自らの娘にして、源氏最大の政敵、弘徽殿の女御にこの事実を伝え、不満を並べ立てる。息子、朱雀帝の治世を磐石にしようと目論む弘徽殿の女御は、この機を逃さず、源氏を粛清するための陰謀をめぐらすのであった。
□ 源氏物語(賢木)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『斎宮の御下り…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.