源氏物語 : 花散里(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 花散里
 
■ 源氏物語 - 紫式部
11.花散里
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  麗景殿は、亡き桐壺院の女御で、今は光源氏の庇護のもと、ひっそりと暮らしていた。五月雨の空が珍しく晴れた日、女御の邸を訪れ、昔話を語り合って感慨にふけった源氏は、女御の妹がいる座敷に赴く。その妹、三の君は、しばらく逢っていなかった源氏の愛人なのであった。
□ 源氏物語(花散里)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『人知れぬ御心づからの物思はしさは…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.