源氏物語 : 澪標(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 澪標
 
■ 源氏物語 - 紫式部
14.澪標
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  都へ戻った光源氏は、譲位した朱雀帝の意を受け、冷泉帝の後見人として内大臣に就任した。中央政界で地位を回復した源氏は、豪華絢爛な行列を引き連れ、住吉大社へ参詣した。偶然、その場に居合わせた明石は、自分との格差に引け目を感じ、立ち去ってしまう。一方、都では、六条御息所が急病になり、亡くなった。死の数日前に見舞いに訪れた源氏に対し、御息所は、娘の斎宮を誰とも結婚させたくないと言い残していた。ところが、源氏は、その遺志に反し、斎宮を自らの養女とした上で、実の息子、冷泉帝の中宮に冊立するべく、不義密通の相手、藤壺と計略を練るのであった。権勢拡大の駒として利用するために。
□ 源氏物語(澪標)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『さやかに見たまひし夢の後は…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.