源氏物語 : 関屋(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 関屋
 
■ 源氏物語 - 紫式部
16.関屋
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  政界復帰を果たした翌年、光源氏は石山寺へ参詣に赴いた。その道中、逢坂の関で、受領の任期を終えて京に向かう常陸介の一行と出会う。しかしながら、行くも帰るも逢坂の関の言葉どおり、混雑が激しく、常陸介の妻、空蝉に人目を避けて逢うことはできない。数日後、石山寺からの帰り際に、空蝉の弟、右衛門が参上し、源氏と姉との伝言役を引き受ける。その後、常陸介は亡くなり、未亡人となった空蝉であったが、継子、河内守の自分に対する好色な下心を見抜き、誰にも相談することなく、出家するのであった。
□ 源氏物語(関屋)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『伊予の介と言ひしは…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.