源氏物語 : 玉鬘(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 玉鬘
 
■ 源氏物語 - 紫式部
22.玉鬘
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  夕顔の死から18年、その遺児、玉鬘は九州で乳母によって育てられ、20才を過ぎるまでに成長した。その美しさは母をも凌ぎ、求婚者は後を絶たない。中でも肥後の豪族、大夫の監の求婚は強引で、断るすべもない。窮した乳母は、長男である豊後の介と図り、早舟で玉鬘を脱出させる。京に戻った玉鬘であったが、長谷寺に参詣する途中、椿市の宿で夕顔の元侍女、右近と再会する。右近から情報を得た光源氏は、玉鬘の実父、内大臣にも告げずに養女として引き取り、美貌と教養を兼ね備えた器量に満足する。
□ 源氏物語(玉鬘)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『年月隔たりぬれど…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.