源氏物語 : 初音(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 初音
 
■ 源氏物語 - 紫式部
23.初音
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  元日を迎えた六条院は、言葉を尽くしても語れないほどの豪華絢爛たる装いに満ち溢れていた。光源氏は、紫の上と千年の長寿を祝い、語り合った。他の側室たちや子供たちの部屋も訪れ、共に新春を祝う。そして、夕暮れになる頃、源氏が最後に訪れたのは明石の御方のもとであった。そこで一夜を過ごし、明石の御方への愛情が格別であることを再認識する。二日は、年賀の客が引きも切らずに押し寄せ、六条院は、喧騒に包まれた。数日後、東の院の末摘花と空蝉のもとへも出向き、その他の愛人宅へも一通り顔を見せた。月の半ばには、六条院で男踏歌が催され、大勢の見物客で賑わうのであった。
□ 源氏物語(初音)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『年たちかへるあしたの空のけしき…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.