源氏物語 : 蛍(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 >
 
■ 源氏物語 - 紫式部
25.蛍
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  養父の光源氏に言い寄られるといった予想外の展開に困惑する玉鬘のもとへ、何も事情を知らない兵部卿の宮が訪れた。兵部卿の宮とともに玉鬘の部屋に入った源氏は、隠しておいた蛍を放ち、二人を驚かせる。蛍の光に照らされた玉鬘の横顔は世にも美しく、兵部卿の宮の心を魅了した。しかしながら、兵部卿の宮の想いは通じず、彼は玉鬘の恋愛の対象とはならない。その後、源氏は再び玉鬘を口説き、玉鬘の苦悩は、さらに深まる。その頃、内大臣は、誰かの養女になっている娘がいることを占い師に告げられた。しかし、女児を養女にするということは稀であり、内大臣は、その占いの真意を測りかねるのであった。
□ 源氏物語(蛍)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『今はかく重々しき程に…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.