源氏物語 : 常夏(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 常夏
 
■ 源氏物語 - 紫式部
26.常夏
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  光源氏は、長男、夕霧のもとにやってきた内大臣(頭の中将)の息子たちに、近頃、内大臣が引き取ったという娘、近江の君について尋ねた。探していた娘、玉鬘の代わりに見つかった近江の君であったが、教養がなく評判が悪い。それをあざ笑った源氏に対し、内大臣は怒り、長女である弘徽殿女御に近江の君を預けて教育しようとする。しかし、近江の君が女御宛てに出した手紙と添えられた歌の出来は酷く、女御に仕える女房たちも笑うより他なかった。
□ 源氏物語(常夏)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『いとあつき日…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.