源氏物語 : 篝火(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 篝火
 
■ 源氏物語 - 紫式部
27.篝火
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  内大臣は、娘を引き取ったものの、あまりの出来の悪さに辟易する。その噂を聞いた玉鬘は、養父、光源氏の自分への想いに困惑しながらも、自らの境遇に満足し、その心は次第に打ち解けていく。秋の夜を玉鬘とともに過ごした源氏は、消えかけた篝火を再び焚かせ、玉鬘への愛情を篝火の炎に喩えた歌を贈った。その時、東の対で合奏をしていた夕霧と柏木を呼び寄せ、ともに音楽に興じる。玉鬘が異母妹であることを知らない柏木は、玉鬘への恋心を抑えて琴を奏でるのであった。
□ 源氏物語(篝火)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『この頃…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.