源氏物語 : 藤袴(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 藤袴
 
■ 源氏物語 - 紫式部
30.藤袴
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  玉鬘は、尚侍に任命され、宮仕えをすることとなった。玉鬘への想いを断ち切れない夕霧は、美しい藤袴を差し出して自らの思いを告白するが、拒絶される。夕霧は、玉鬘の様子を父、源氏に報告するとともに、父と玉鬘に関する世間の疑惑について詰問した。それを笑ってあしらう源氏。彼ら親子以外にも玉鬘を狙う男たちは多く、玉鬘への手紙は、続々と届いた。その中で、玉鬘が返事を送ったのは、兵部卿の宮、ただ一人であった。
□ 源氏物語(藤袴)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『尚侍の御宮仕えのことを…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.