源氏物語 : 真木柱(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 源氏物語 > 真木柱
 
■ 源氏物語 - 紫式部
31.真木柱
Yahoo!ブックマークに登録
あらすじ  玉鬘は、尚侍として出仕する直前に髭黒の謀略に遭い、不本意な結婚をすることになった。内心では、髭黒に不快感を覚えながらも、世間体を保つために盛大な結婚式を取り計らう光源氏。一方、髭黒の家庭でも、北の方が、この結婚に嫉妬して発狂し、髭黒に火取りの灰を投げつける騒動が起こった。北の方は、髭黒の子供たちを引き連れ、実家に戻ってしまう。その中で髭黒がとくにかわいがっていた娘は、別れを惜しむ歌をしたため、真木柱の割れ目に差し込んで髭黒邸を後にした。髭黒は、周囲に不幸を撒き散らしながらも、新たな生活を始め、やがて、玉鬘は、男の子を出産するのであった。
□ 源氏物語(真木柱)の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
 
『内に聞こし召さむこともかしこし…』 (原文・現代語訳
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.