平家物語・巻第七(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 平家物語 > 巻第七
 
■ 平家物語・巻第七
あらすじ  不世出の奸雄、平清盛は死んだ。それは、平家滅亡の序章であった。横田河原の合戦に勝利した木曽義仲は、北陸に勢力を拡大する。これに対し、平家は、平維盛以下、十万の討伐軍を派遣した。義仲の軍勢は五万。戦力的に不利な義仲は、自然の要害をなす砥浪山に陣を構え、平家を迎撃する。果たして、平家の大軍は、義仲の奇策によって倶利迦羅峠の谷底に突き落とされて壊滅し、一門を支える武力の大半を失った。平家を追撃しながら、越前さらには近江へ向かった義仲は、比叡山に至る。眼前の敵に、平家は反撃の準備もままならない。その最中、後白河法皇失踪という衝撃の事実に直面した平家は、政権の正当性を担保する権威の象徴までも失ってしまう。ここに至って抗戦を断念した平家は、幼主、安徳天皇とともに都を落ちる。平家が流浪の集団と化す、その瞬間であった。
□ 平家物語・巻第七の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
清水冠者 寿永二年三月上旬に…』 : 源頼朝、計略によって、木曽義仲の嫡男、義重を人質とする
北国下向 さる程に木曽、東山、北陸両道を従へて…』 : 平家、木曽義仲討伐軍を派遣
竹生島詣 大将軍維盛、通盛は進み給へども…』 : 平経正、竹生島に赴く
  頃は、卯月中の八日の事なれば…』 : 経正、竹生島明神の化身、白竜と出会う
火打合戦 木曽義仲、身柄は信濃にありながら…』 : 木曽義仲勢、越前の火打が城に立て籠もる
  城の内にありける平泉寺の長吏斎明威儀師…』 : 義仲勢の斎明が平家に内通し、火打が城陥落
  同五月八日、加賀国篠原にて勢揃あり…』 : 義仲、砥浪山に急行
願書 木曽宣ひけるは…』 : 木曽義仲の策略
  木曽は、羽丹生に陣取つて…』 : 義仲と八幡大菩薩
  この覚明はもと儒家の者なり…』 : 義仲の右筆、覚明と平清盛の因縁
  その願書に曰く…』 : 義仲、平家撃退の願書を八幡宮に奉納
  昔、神功皇后…』 : 神功皇后の新羅征討と霊鳩
倶利迦羅落 さるほどに、源平両方…』 : 木曽義仲、平家の大軍と対陣し、策謀を巡らす
  次第に暗うなりければ…』 : 倶利迦羅峠の戦い
  明くる十二日…』 : 志保の戦い
篠原合戦 そこにて諸社へ神領を寄せられけり…』 : 平家方坂東武者の最期
  さる程に、平家は人馬の息を休めて…』 : 平家方畠山重能対源氏方今井兼平
  次に平家の方より高橋判官長綱…』 : 高橋長綱、敵の若武者入善行重に情けをかけ、討たれる
  また、平家の方より武蔵三郎左衛門有国…』 : 武蔵有国の立死
実盛 また、武蔵国住人、長井斎藤別当実盛…』 : 斎藤実盛の奮戦
  手塚太郎、郎等が討たるるを見て…』 : 実盛の最期
  樋口次郎、ただ一目見て…』 : 老武者実盛が戦場に臨む際の身嗜み
  錦の直垂を着たりける事は…』 : 実盛、死に装束で故郷に錦を飾る
玄ム 上総守忠清、飛騨守景家は…』 : 天皇の神宮行幸
  その亡霊荒れて…』 : 藤原広嗣の亡霊、玄ムに祟る
木曽山門牒状 木曽、越前の国府について…』 : 木曽義仲、比叡山延暦寺を警戒
  その状に云はく…』 : 義仲、延暦寺に牒状を送る
  義仲去にし年の秋…』 : 義仲、延暦寺に協力を要請
返牒 案のごとく、山門の大衆この状を披見して…』 : 源平いずれに味方するかを決する延暦寺の評議
  木曽殿また、家子郎等召し集めて…』 : 延暦寺、木曽義仲との同盟を伝達する返牒を送付
平家山門連署 平家はこれを知らずして…』 : 平家、延暦寺との同盟を画策
  その状に云く…』 : 平家が延暦寺に宛てた願書
  いかに況んや、忝く臣等が曩祖を思へば…』 : 平家の幹部、連名で延暦寺に同盟を要請
  貫首これを憐み給ひて…』 : 延暦寺の衆徒、平家の要請を拒絶
主上都落 同七月十四日、肥後守貞能…』 : 平家、各地に分散配置した戦力を都に集結
  同七月二十四日の小夜更け方に…』 : 後白河法皇、失踪
  さる程に、「法皇、都の内にも渡らせ給はず…』 : 安徳天皇、都落ち
  明くれば七月二十五日なり…』 : 摂政藤原基通、平家と袂を分かつ
維盛都落 平家の侍、越中次郎兵衛盛嗣…』 : 平維盛、妻子を残して都落ちすることを告げる
  既にうつ立たんとし給へば…』 : 維盛の妻子、ともに都落ちすることを要望
  さる程に、御弟新三位中将資盛卿…』 : 維盛、妻子を斎藤五、六兄弟に託す
聖主臨幸 或は聖主臨幸の地なり…』 : 平家の放火によって焼き尽くされた平安京
  去んぬる治承四年七月…』 : 平宗盛、坂東武者三人を助命し、故郷へ帰す
忠度都落 薩摩守忠度は…』 : 平忠度、藤原俊成に自作の歌集を託し、勅撰集への入選を請願
  三位これを開けて見て…』 : 忠度との誓いを果たす俊成
経正都落 修理大夫経盛の子息…』 : 平経正、下賜された琵琶、青山を守覚法親王に返還
  さて、暇申して出でられけるに…』 : 経正と行慶の惜別
青山之沙汰 この経正十七の年…』 : 唐伝来の琵琶、青山にまつわる秘話
一門都落 池の大納言頼盛卿も…』 : 平頼盛、平家一門から離脱
  そもそも、池殿の留まり給ふ事をいかにといふに…』 : 頼盛、仁和寺の常葉殿に潜伏
  さる程に、小松殿の公達は…』 : 平維盛、本隊に合流
  落ち行く平家は誰々ぞ…』 : 落ち行く平家の人々
  肥後守貞能は、川尻に源氏待つと聞いて…』 : 平貞能、本隊を離脱し、京都に帰還
  京中に残り留まる平家の余党を討たんとて…』 : 貞能、東国へ落ち、源頼朝麾下の宇都宮朝綱に投降
福原落 平家は、小松三位中将維盛卿の外は…』 : 家族揃って都を落ちる者、家族を残して落ちる者
  福原の旧都に着いて…』 : 平宗盛、平家一門の結束を確認
  福原の旧里に一夜をこそ明されけれ…』 : 福原で過す最後の夜
  明けぬれば、福原の内裏に火をかけて…』 : 福原炎上
 
学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 平家物語 > 巻第七
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.