平家物語・巻第十(原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 平家物語 > 巻第十
 
■ 平家物語・巻第十
あらすじ  一の谷の戦いで、源義経による奇襲によって、多くの犠牲者を出し、壊滅的打撃を喫した平家は、讃岐国屋島に撤退した。しかし、平家の悲劇は、討死した者たちだけに留まらない。重衡は、捕虜となって、京や鎌倉で引き回され、最後は自らが焼き討ちした奈良で斬殺される。維盛は京に残した妻子との再会を果たすべく屋島を脱出するが、願いは叶わず、那智の沖で入水する。源氏に恭順の意を示していた頼盛は、鎌倉で源頼朝と対面するも、一門や家臣の信用をなくし、孤立する。そんな中、京では、武勲第一等の義経が、検非違使に任ぜられた。それはまた、新たな悲劇の始まりでもあった。
□ 平家物語・巻第十の原文・現代語訳(口語訳・解釈)
首渡 寿永三年二月七日…』 : 源範頼と義経、一の谷で斃した平家一門の首を京で引き回す
  小松の三位中将維盛卿の若君…』 : 斉藤五、主君、平維盛の消息を、その妻子に伝える
  三位中将も通ふ心なれば…』 : 屋島の平維盛と京の妻子、手紙で気持ちを伝え合う
内裏女房 同十四日…』 : 京の街を引き回される平重衡
  三位中将の使は…』 : 右馬允知時、主君、平重衡と対面する
  やや久しうあつて…』 : 平重衡、過去の恋人への手紙を右馬允知時に託す
  右馬允、これにも思はれけるものをと…』 : 平重衡からの手紙に涙する過去の恋人
  知時持つて参りたり…』 : 平重衡、過去の恋人と再会
  かくて小夜も半ばになりければ…』 : 平重衡の処刑後、菩提を弔う過去の恋人
屋島院宣 さる程に、平三左衛門重国…』 : 後白河法皇、院宣により、平重衡の身柄と三種の神器の交換を要求
請文 大臣殿、平大納言の元へは…』 : 平重衡、院宣の趣旨を手紙で一門に伝える
  さる程に、平大納言時忠卿をはじめとして…』 : 平家一門、院宣の要求について合議
  新中納言知盛の意見に申されけるは…』 : 院宣に関する合議の結論
  今月十四日の院宣…』 : 院宣に対する平家の返答
  曩祖平将軍貞盛…』 : 平家、院宣の要求を拒否
戒文 三位中将、これを聞いて…』 : 平重衡、法然との対面を要請
  中将なのめならず悦びて…』 : 平重衡、法然に死後の救済方法を質問
  その時、上人涙に咽びて…』 : 法然、平重衡に戒を授ける
  御布施とおぼしくて…』 : 平重衡、受戒の布施として、法然に硯を贈る
海道下 さる程に、本三位中将をば…』 : 平重衡、梶原景時により、鎌倉に護送される
  浜名の橋を渡り給へば…』 : 平重衡、池田宿において、熊野の娘侍従と出会う
  都を出でて日数経れば…』 : 平重衡、鎌倉に到着
千手前 兵衛佐、急ぎ見参して申されけるは…』 : 源頼朝と平重衡の対面
  景時これを承つて…』 : 平重衡と千手前の出会い
  その夕、雨少し降つて…』 : 千手前と朗詠に興じる平重衡
  夜やうやう更けて…』 : 項羽の故事を思い出す平重衡
  さる程に、夜も明けければ…』 : その後の千手前
横笛 さる程に、小松の三位中将維盛卿は…』 : 一門から離れ、高野山にたどり着く平維盛
  高野に年来知り給へる聖あり…』 : 平維盛と旧知である高野山の聖、滝口入道
  頃は二月十日余りの事なれば…』 : 滝口入道と横笛の悲恋
  滝口入道、同宿の僧に会うて申しけるは…』 : 平維盛と滝口入道の再会
高野巻 滝口入道、三位中将を見奉つて…』 : 高野山の堂塔や奥の院を巡礼する平維盛
  そもそも延喜の帝の御時…』 : 弘法大師の伝説
維盛出家 「維盛が身の…』 : 平維盛、出家を決意
  ややあつて与三兵衛…』 : 平維盛の従者、相次いで出家
  これらが…』 : 平維盛の出家
  そもそも、唐皮といふ鎧…』 : 高野山を後にする平維盛
熊野参詣 やうやうさし給ふ程に…』 : 熊野、新宮、那智を参詣して回る平維盛
  那智籠の僧共の中に…』 : 平維盛の落魄を哀れむ那智の僧たち
維盛入水 三つの山の参詣事ゆゑなくとげ給ひしかば…』 : 入水を決意するも、都に残した妻子を想う平維盛
  聖も哀れに覚えけれども…』 : 自らの動揺を抑え、平維盛に語りかける滝口入道
  源氏の先祖伊予入道頼義は…』 : 平維盛、那智の沖において入水
三日平氏 舎人武里も同じく入らむとしけるを…』 : 滝口入道に入水を引き止められた平維盛の従者、武里
  武里は泣く泣く屋島へ参りけり…』 : 平維盛の入水を知り、悲嘆にくれる平家の人々
  四月一日…』 : 源頼朝の招きに応じ、鎌倉に下向する平頼盛
  弥平兵衛宗清といふ侍あり…』 : 平頼盛に随行することを拒絶する平宗清
  同十六日…』 : 平田入道定次を大将とする伊勢平氏が反乱を起こし、源氏に殲滅される
  さる程に、小松の三位中将維盛卿の北の方は…』 : 夫、平維盛の菩提を弔うため出家する北の方
藤戸 これを鎌倉の兵衛佐還り聞き給ひて…』 : 都落ちから一年が経ち、ますます意気消沈する平家一門
  同二十八日、新帝の御即位あり…』 : 平家追討のために都を進発する源範頼
  源平の陣の間…』 : 藤戸の浦を偵察する佐々木盛綱
  同二十六日の辰刻ばかり…』 : 馬で渡海し、平家を襲撃する佐々木盛綱
大嘗会之沙汰 同二十七日、都には九郎判官義経…』 : 源義経、検非違使に任命される
 
学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 平家物語 > 巻第十
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.