日本史問題集・学問・教育史
学ぶ・教える.COM
 
(問題28) 19世紀前半の蘭学に関連する次の問いに答えなさい。
 
(1)

1810年、備中生まれの医者で、大坂で開業するとともに蘭学塾を開いて多くの人材を育成し、後に幕府の奥医師・医学所頭取となった人物は誰か。また、その蘭学塾を何というか。

(2) 1796年生まれのドイツ人医師で、1823年に来日し、長崎の蘭学塾で医学を教え、1828年に帰国する際、日本地図を持ち出そうとする事件が発覚して国外追放となった人物は誰か。また、その事件を何というか。
 
→ 解答

Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.