日本史問題集・社会史
学ぶ・教える.COM
 
(問題14) 摂関期の社会に関する次の問いに答えなさい。
 
(1)

7世紀以降の政治・社会の中枢を担っていた制度で、延喜・天暦の治のころには変質が顕著となり、摂関政治のころには完全に崩壊したものは何か。

(2) 摂関政治の根幹を支えた経済基盤は何か。
(3) 貴族社会において重んじられた母方の親戚を何というか。
(4) 氏の首長として一族の官位推挙などの権限を持つ者を何というか。
(5) 11世紀に成立した国衙領内の新たな行政区分において、徴税を担当した役人を1つあげよ。
 
 
→ 解答

Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.