インド式計算 - 学校の勉強や日常生活で役立つ魔法の計算方法

 

   

×11(26×11,159×11など)


 (例題)
 ・ 26×11
 T 11をかける数の両端の数字の間に、その数より1桁少ない個数の空間を作る。
    26×11
    ↓   
    2□6
 U 11をかける数の大きい桁から順に数字をたす。
    26×11
    ↓   
    2+6=8
 V Tの空間にUの答えを入れる。
    286
 注) Uの答えが2桁の場合は、くり上がる。

 (練習問題)
 @ 35×11
 A 52×11
 B 73×11
 C 116×11
 D 159×11
  → 解答


相互リンク 利用規約 免責事項
manabu-oshieru.com
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.