インド式計算 - 学校の勉強や日常生活で役立つ魔法の計算方法

 

   

2桁のたし算(19+37,58+24など)


 (練習問題の解答)

 @ 35+28
 T いずれかの数を切りのよい数にする。
    35+28
       ↓
      28+2=30
 U Tの答えにもう一方の数をたす。
    35+30=65
 V Tと逆の計算をする。
    65-2=63

 A 57+24
 T いずれかの数を切りのよい数にする。
    57+24
     ↓
    57+3=60
 U Tの答えにもう一方の数をたす。
    60+24=84
 V Tと逆の計算をする。
    84-3=81

 B 43+39
 T いずれかの数を切りのよい数にする。
    43+39
       ↓
      39+1=40
 U Tの答えにもう一方の数をたす。
    43+40=83
 V Tと逆の計算をする。
    83-1=82

 C 79+54
 T いずれかの数を切りのよい数にする。
    79+54
     ↓
    79+1=80
 U Tの答えにもう一方の数をたす。
    80+54=134   (2つの数をたす場合、くり上がる数は必ず1
 V Tと逆の計算をする。
    134-1=133

 D 88+96
 T いずれかの数を切りのよい数にする。
    88+96
     ↓
    88+2=90
 U Tの答えにもう一方の数をたす。
    90+96=186
 V Tと逆の計算をする。
    186-2=184

 インド式計算のトップページに戻る
 


相互リンク 利用規約 免責事項
manabu-oshieru.com
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.