学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > 旅人算 > 発展問題1 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
AとCは12分ごとに出会うから、AとCの速さの和は、池の周囲を1とすると、
A+C= 1÷12 = 1
12
BとCは18分ごとに出会うから、BとCの速さの和は、
B+C= 1÷18 = 1
18
以上からAとBの速さの差は、
A-B= 1 - 1 = 1
12 18 36
よって、AとBが出会う時間は、池の周囲の長さをAとBの速さの差で割って求めると、
1 =36
36
(答) 36分
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.