学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > つるかめ算 > 発展問題2 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 中皿および小皿を買ったセット数を1とすると、中皿および小皿の代金は、1×1000円
 これらにより、大皿の代金は、18000円-1×1000円×2=18000円-2×1000円 … @
 中皿の枚数は、1×2、小皿の枚数は、1×5、大皿の枚数は、53-(1×2+1×5)
 これらにより、大皿の代金は、{53-(1×2+1×5)}×1000円 … A
 @、Aより、
 18000円-2×1000円={53-(1×2+1×5)}×1000円
 18000円-2×1000円=53000円-7×1000円
 7×1000円-2×1000円=53000円-18000円
 5×1000円=35000円
 5=35
 1=7
 すなわち、中皿と小皿のセット数は、それぞれ7セット
 中皿の枚数 … 2枚×7セット=14枚
 小皿の枚数 … 5枚×7セット=35枚
 大皿の枚数 … 53枚-14枚-35枚=4枚
(答) 大皿 4枚 中皿 14枚 小皿 35枚
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.