学ぶ・教える.COM
 
学ぶ・教える.COM > 中学受験 > 算数 > つるかめ算 > 発展問題3 > 解答
 講座・問題集
 
(解答)
 
 250円の皿の数を1とし、250円の皿のかわりに370円の皿を食べたとすると、高くなる金額は、
 (370円-250円)×1=120円×1
 つまり、代金は、2940円+120円×1
 ここで、全て120円の皿だったと仮定すると、
 120円×14皿=1680円
 2940円+120円×1との差額は、
 2940円+120円×1-1680円=1260円+120円×1
 これを1皿当たりの差額で割ると、
 (1260円+120円×1)÷(370円-120円)=370円の皿の数=1+(1+2)=2+2  (注)
 1260円+120円×1=250円×(2+2)
 1260円+120円×1=250円×2+500円
 1260円-500円=250円×2-120円×1
 760円=500円×1-120円×1
 760円=380円×1
 1=2 … 250円の皿の数
 2皿+2皿=4皿 … 370円の皿の数 
 14皿-2皿-4皿=8皿 … 120円の皿の数
(答) 120円 8皿 250円 2皿 370円 4皿
 
 注:250円の皿かわりに370円の皿を食べたことにしているので、ここで言う370円の皿は、実際には250円の皿と370円の皿の合計数
 
 ← 問題に戻る     次の問題 →
 
 


Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.