インド式計算 - 学校の勉強や日常生活で役立つ魔法の計算方法

 

   展開の公式を使ったかけ算 1
     基準となる数との差が等しい異なる2数のかけ算(99×101,147×153など)

 (例題)
  ・ 99×101
   (a+b)(a-b)=a2-b2を使う。
    基準となる数を100とする。
    それぞれの数との差は
    100-1=1,101-100=1で等しい
    よって、a=100,b=1とすると、
    99×101=(100-1)×(100+1)
          =1002-12
          =10000-1
          =9999

 (補足説明) 展開の公式を使ったかけ算は、様々な問題に利用できるため、インド式計算(速算)の中で最重要の計算方法です。

  (練習問題)
  @ 49×51
  A 78×82
  B 147×153
  C 405×395
  D 994×1006
  → 解答


相互リンク 利用規約 免責事項
manabu-oshieru.com
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.