竹取物語 [かぐや姫] (原文・現代語訳)

学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 竹取物語 [かぐや姫]
 
■ 竹取物語 [かぐや姫] ― 全文全訳(対照併記)
 
竹取物語
[かぐや姫]
 竹取物語は、平安初期に著されたとされる、仮名による日本最古の物語。作者及び成立年は未詳。竹取の翁によって竹の中から見つけられた「かぐや姫」が、貴公子たちの求婚を次々と退け、帝の招聘も拒絶し、最後は月に帰ってしまう話。竹取物語は、「物語の祖」とも言われ、平安時代以降の物語に様々な影響を与えた作品であるとともに、子供から大人まで幅広く読み継がれた日本を代表する昔話の一つでもある。また、現代では、絵本や漫画、アニメ、映画等を通じて、日本はもとより海外でも親しまれている。竹取物語は、筋立てが単純明快であり、登場人物の設定が分かりやすいため、平安時代の文章を学ぶ場合、初心者用の教材として適している。
□ 竹取物語 [かぐや姫] の原文・現代語訳(口語訳・解釈:全訳)
かぐや姫の生い立ち
  今は昔、竹取の翁といふ者ありけり…』 : 冒頭
五人の貴公子
  世界の男…』 : かぐや姫に求婚する五人の貴公子
  これを見つけて…』 : かぐや姫に結婚を勧める竹取の翁
  日暮るるほど…』 : 竹取の翁の家に集まった五人の貴公子
  かぐや姫…』 : かぐや姫が五人に提示した結婚の条件
仏の御石の鉢 - 石作の皇子
  なほ…』 : 仏の御石の鉢とは異なる鉢を渡してかぐや姫を騙そうとする石作の皇子
蓬莱の珠の枝 - 車持の皇子
  車持の皇子は…』 : 蓬莱の珠の枝を偽造する車持の皇子
  かぐや姫のたまふやうに違はず作り出でつ…』 : 竹取の翁の家を訪れる車持の皇子
  この皇子…』 : 蓬莱の珠の枝を入手した経緯を語り出す車持の皇子
  旅の空に…』 : 車持の皇子が捏造した冒険譚に感動する竹取の翁
  かかるほどに…』 : 車持の皇子の不正発覚
  かの愁訴せし工匠をば…』 : 行方をくらます車持の皇子
火鼠の皮衣 - 右大臣阿倍御主人
  阿倍御主人は…』 : 唐人王慶から火鼠の皮衣を購入する阿倍御主人
  この皮衣入れたる箱を見れば…』 : 阿倍御主人から贈られた皮衣に疑問を持つかぐや姫
  かぐや姫、翁にいはく…』 : 火中で燃えた偽物の皮衣
竜の頸の珠 - 大納言大伴御行
  大伴御行の大納言は…』 : 竜の頸の珠の獲得を家臣に命じる大伴御行
  おのおの仰せ承りてまかりぬ…』 : 面従腹背の家臣たち
  いかがしけむ…』 : 竜の頸の珠を探す船旅に出て、遭難しかける大伴御行
  三、四日吹きて…』 : かぐや姫を逆恨みする大伴御行
燕の子安貝 - 中納言石上麻呂足
  中納言石上麻呂足の…』 : 燕の巣が数多くある大炊寮に家臣を派遣する石上麻呂足
  燕も…』 : 燕の子安貝を取るための秘策を石上麻呂足に話す倉津麻呂
  日暮れぬれば…』 : 燕の子安貝を取り損ねた上、高所から落下した石上麻呂足
  貝にもあらずと見給ひけるに…』 : 落下の後遺症により死亡する石上麻呂足
帝の求婚
  さて、かぐや姫…』 : かぐや姫の容姿を見て来るよう中臣房子に勅命を下す帝
  この内侍…』 : 竹取の翁に、かぐや姫の宮仕えを命じる帝
  翁いらふるやう…』 : 宮仕えを拒否するかぐや姫
  帝、仰せ給はく…』 : 竹取の家に行幸し、かぐや姫の美貌に心を奪われる帝
  これを、帝、御覧じて…』 : かぐや姫と手紙をやり取りする帝
かぐや姫の昇天
  かやうにて…』 : 月を見ては物思いに沈むかぐや姫
  八月十五日ばかりの月に出で居て…』 : 竹取の翁に、月に帰ることを告白するかぐや姫
  このことを、帝、聞こしめして…』 : 竹取の家を警護するべく勅命を下す帝
  これを聞きて、かぐや姫は…』 : 警護の無益さを竹取の翁に語るかぐや姫
  かかるほどに、宵うち過ぎて…』 : 現れた月の使者
  翁、答へて申す…』 : 竹取の翁に別れを告げるかぐや姫
  天人の中に持たせたる箱あり…』 : 月へ帰るかぐや姫
富士山の煙
  その後、翁、嫗…』 : かぐや姫が月に帰った後の竹取の翁と富士山の名の由来
 
(注) 竹取物語の各章段及びタイトルは、当サイトにおける便宜上のものであり、内容のまとまりを重視して設定しました。
学ぶ・教える.COM > 大学受験 > 古文 > 竹取物語 [かぐや姫]
Copyright (C) 2013 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.